ハンガーのサンワ株式会社

Our service on hangers and others

ハンガーの基礎知識Basic knowledge of hangers

毎日使っているけど、ハンガーのことはよく知らない…
「お店でハンガーをもらったから、これに掛けておけば良いかな…」
「クリーニングに出したら、ハンガーが付いていたから、そのまま掛けておこう」
「新しいスーツを買ったらハンガーが付いてきた。このハンガーに掛けていれば長持ちするだろう」
…と考えたことはありませんか?

※そのまま洋服に合わないハンガーを使うと

  • 長すぎるハンガー
    長すぎるハンガーは、
    袖の部分が外へ突き出してしまう。
  • 短すぎるハンガー
    短すぎるハンガーは、
    肩の部分が外へ突き出してしまう。

ハンガーには、木製ハンガーだけでも婦人用、紳士用、子供用と様々な種類があります。
用途や目的に合わせ、正しいハンガーを選ぶことで、洋服が綺麗に長持ちしますよ。
詳細は「ハンガーの選び方」をご覧ください。

ハンガーの種類《素材編》

  • 木製ハンガー
    〈木製ハンガー〉
    衣類に優しく、木ならではの自然な質感。
    静電気が起きにくく、防湿効果のあるハンガー。
  • プラスチックハンガー
    〈プラスチックハンガー〉
    形状が豊富で、軽く、低価格。
    流通用ハンガーとしても使われている。
  • 発泡ハンガー
    〈発泡ハンガー〉
    プラスチックハンガーの新触感。サンワ株式会社では4色のハンガーをご用意しています。
  • スチールハンガー
    〈スチールハンガー〉
    繊細なフレームワークが美しく、デザイン性の高いハンガー。耐久性もあり、高級感を演出。

ハンガーの種類《形状編》

  • トップス用ハンガー
    〈トップス用ハンガー〉
    背中から肩のラインを、人の形に似せることによって洋服のシワや型くずれを防ぐ。滑り止めシールを付けることにより滑り防止も可能。
  • ボトムス用ハンガー
    〈ボトムス用ハンガー〉
    折畳むことなく、そのまま吊り下げられるので、シワにならず保管できる。

ハンガーのサンワ株式会社